DVDをキャプチャコピーで合法的に

注目

2012年10月に著作権法が改正され、私的利用の場合でも刑事罰が施行されるようになり早2年が経ちます。

JASRACがCDやDVDの売り上げが減少していることをうけ国に申し立てた結果、著作権法の改正が認められてしまいました。

改正されてから売り上げが上がったのかと言えばそういう訳でもなく、結果的にネット上ではJASRACの少し横暴とも取れる行動に「ヤクザ」と言われてしまっています(笑)

私も私的利用にも該当するのはちょっと厳しくしすぎなんじゃないかと思いますが、もう決まってしまったことですから文句を言っても仕方がありません。

じゃあDVDをコピーすることはもう一生出来ないのかと言えばそうじゃないんです。

キャプチャコピーなら合法的にDVDをコピーすることが出来ちゃいます。

キャプチャコピーっていうのは映像の流れている画面をビデオカメラで録画する事だと思っていただければ簡単だと思います。

DVDをキャプチャコピーしたら画質が劣化したり画面と音声がズレたりしちゃうんじゃないの?とか思われる方もいらっしゃると思いますが、全く心配することもなくDVDをキャプチャコピーすることが出来ました。

もちろんソフトのよっても違いはありますが『EzCAP HD』←このソフトでしたら操作は簡単、高画質・高解像度、サポートもしっかりしているのでオススメです。

DVDだけじゃなくブルーレイにも対応しているので、DVDレコーダーからブルーレイレコーダーに買い換えるという方も安心してキャプチャコピーソフトを購入できます。

危険なリッピングソフトの存在

私も普段は仕事などで忙しくなかなかゆっくり映画を観る時間がないので、平日に面白そうなDVDをTSUTAYAなんかでレンタルしてキャプチャコピーしておいて、週末にまとめて映画鑑賞しています。

もしも面白くなければ消してしまえば良いだけなので(笑)

しかしそんな便利なコピーも初心者の方は操作している間、合法的にキャプチャコピーしているのか違法にコピーしてしまっているのかの判断は難しいですよね。

知らなかったと言えども違法行為は違法行為なので、著作権法が厳しくなった今は刑事罰の対象になってしまう場合もあります。

そんな時は以前紹介したDVDのキャプチャコピーソフトを使ってみて下さい。

有料にはなってしまいますがその分専任の方のサポートもしっかりしていますしDVDのキャプチャコピーで有名なソフトです。

ネット上には無料のソフトやどんな会社が作ったのか分からないようなソフトが多数存在しています。

全くサポートしていただけない場合やウィルスの感染もあり得ますし、購入したのに手に入らないなんて危険も潜んでいます。

そんな危険、自ら犯したくはありませんよね?

あとは個々の判断にはなりますが、私はこのDVDキャプチャコピーのソフトをオススメしたいです。